Top > ダイエット > いつの間にかなってしまう脂肪肝とは?

いつの間にかなってしまう脂肪肝とは?

飲みすぎや食べ過ぎが習慣化してしまい、最近疲れやすくなった、集中できなくなってきたという方はいませんか。それはもしかしたら脂肪肝が原因かもしれません。脂肪肝とは肝臓に脂肪が蓄積してしまい、肥大化してしまった状態のことです。脂肪肝 改善

高級料理の一つにフォアグラがありますが、まさに我々の肝臓もこのように脂がのってしまった状態のことを言います。この脂肪肝とは自覚症状がないため、いつの間にかなってしまっている場合がある恐ろしい病気です。肝臓がこのような状態になってしまうと血流が悪くなるため、新陳代謝が悪くなり疲れやすくなってしまいます。また、ドロドロとした血液状態は動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を引き起こす可能性もあります。このような脂肪肝になってしまう原因は食べ過ぎや飲みすぎです。人は食べたものからエネルギーを作り出し、それを消費することで生命活動を維持したり運動することができます。しかし、必要以上に食べすぎると消費しきれない脂肪が肝臓に蓄積してしまい脂肪肝となるのです。つまり、普段の生活習慣を見直すだけで予防・改善することのできます。

このようなことから生活習慣病を予防したり疲れやすい体質を改善するためには、脂肪肝を予防することが必要です。そのためには食べ過ぎ・飲みすぎを抑えて食事管理をしながら適度な運動をすることが有効です。

ダイエット

関連エントリー
いつの間にかなってしまう脂肪肝とは?今注目の筋肉&ダイエットサプリ痩せ方にも ちゃんと種類があるローラの基礎代謝の強化は肥満解消効果